海外留学

持ち物リスト完全版!海外留学編〜準備のポイント!

さて、いよいよ待ちに待った海外留学。期待と不安が入り混じり、楽しみいっぱいでわくわく…。でも、やっぱり不安もたくさんあって、せめて日本で出来る海外留学事前準備は完璧にしたいですよね。お気に入りのワンピースに学校で使いたい可愛い文房具、大好きな日本食と、ついつい荷物が多くなってしまいがちですが、残念ながら持っていける荷物の重さには制限があります。できるだけ無駄なものは省き、荷物は最小限に抑えたいですよね。ということで、どの留学先でも必要な持ち物と国によって持ち込みに注意が必要な物、また、日本から持っていくと便利な物までどんどん紹介していきます。

 

●どの留学先でも持っていくべき!持ち物リスト完全版
留学する国によっては、持ち込み制限がある場合があります。また、現地で購入したり代用したりすることも出来る場合があります。ここでは、どの留学先にも持っていくべき必要な持ち物を紹介します。

 

○貴重品
これがないと留学出来ない、出国できない、なくしたら大変な貴重品を紹介します。出発の朝最低2回は確認し、必ず身に着けて持ち歩きましょう。
・パスポート(留学期間有効なもの)
・航空券
・クレジットカード
 1枚あると非常時に役立ちます。 おすすめはVISAかマスターカードです。アメリカン・エキスプレスやJCB
などは使えない場所もあるため注意が必要です。
・現金
 財布はできれば2,3個持っていくと便利です。日本円と現地のお金は分けていれると良いでしょう。日本で2万円ほど換金しておくと、すぐに使うことができ換金する手間が省けます。しかし、安全面から考えるとあまりたくさんのお金を持っていくのは危険です。出国の際は必ず現金は身に着けて持ち歩き、現地についたら使わないお金はスーツケースに入れて鍵をかけて保管することをお勧めします。滞在先への保管が不安な場合は身に着けて持ち歩きましょう。
・銀行カード(現地でも引き落としが出来る物)
 銀行カードの裏にPLUSと書かれているものは多くの海外で日本の口座から海外のお金をキャッシングマシーンで引き落とすことができます。短期留学や1年留学など、働く予定がない場合は現地で新しく銀行を開設せずに、日本の銀行カードでのやり取りで十分でしょう。
・旅行保険証書
 たとえ短期の留学であっても旅行保険には必ず加入しましょう。その際保険証を忘れずに持っていき、失くさないように保管してください。
・留学先学校の修学許可書

 

○衣類
留学先の天候に合わせて準備しましょう。海外では朝と夜の気温差が激しい場合もあるので、暑くても上着は必要です。また、ホームステイ先では洗濯を頻繁に行わない家庭もあるため、着回しできる服や1週間洗濯しなくても生活できるくらいの服があれば安心です。しかし、服は現地でも購入できるため、あまりたくさん持っていく必要はないでしょう。
・下着(約1週間分)
・普段着
 海外の洗濯機は服を痛めやすかったり、服が縮んでしまったりする場合もあるため、あまり高価な物やお気に入りの物を新しく購入するのはおすすめしません。普段から着慣れているものや、着まわしやすい物にしましょう。必要であれば、日本から洗濯ネットを持っていくものいいでしょう。
・スーツなどのフォーマルな服装
 ワーキングホリデーなどで企業に面接に行く場合はスーツが必要です。レストランやカフェの場合は必要ないですが、心配な時はジャケットだけでも持っていくと良いでしょう。

 

○日用品
 現地への長いフライトの後、すぐに知らない土地で買い出しに出かけるのは大変です。旅行用サイズの小さいものでいいので一通り持っていきましょう。また、肌が弱い人やこだわりのある人は現地で自分に合う商品が見つかるまで使えるように必要な分だけ持っていくといいかもしれませんね。現地で購入できる商品もあるため、事前に調べていくと良いでしょう。
・おふろ用品(シャンプー・ボディソープなど)
 海外の水は硬水が多く、日本の軟水と比べて乾燥しやすい水なので、保湿力のあるものを現地で購入することをおすすめします。ホームステイ先でも基本自分のものは自分で用意します。シャンプーなどの消耗品は現地でも調達できますが、体を洗うスポンジや洗顔の泡立てネットなどは日本から持っていった方がすぐに使えて質も良いので便利です。また、バンダナやヘアゴムなどのちょっとしたものも持っていくと快適に過ごすことが出来るでしょう。
・歯ブラシ・歯磨き粉
 海外の歯ブラシは日本のものと違い、ブラシが大きかったり、硬かったりと日本人に合わないものも多いです。可能であれば歯ブラシはあまりかさばらないのでいくつか持っていくと大変便利です。歯磨き粉は使い終わったら現地で買い足せばいいでしょう。
・常備薬
 痛み止めや風邪薬、その他普段使っている薬がある場合は一通り常備薬を持っていきましょう。体調が悪くなってから買いに行くのは大変ですし、現地の言葉にあまり自信がない場合は薬を買うのも一苦労です。やっぱり日本の製品が一番安心なので薬は一通り揃えておきましょう。

 

●電子機器類
 国によって電圧が異なるため、出国前に必ず留学先の電圧を調べておきましょう。そのまま使える電子機器もありますが、交換プラグが必要な場合や、交換プラグだけでは壊れてしまう可能性もあるので注意が必要です。
・パソコン ・カメラ
・電子辞書 ・コンセント変換プラグ、変圧器

 

●文房具
 留学先の学校で使う文房具は現地でも購入できるのでたくさん持っていく必要はありません。最低限で良いでしょう。せっかく留学するので、現地で新しく文房具を買うのも楽しみの一つです。ただ、日本の便利な文房具や可愛い文房具は留学先の人にもって行っても喜ばれるので、おみやげに少し多めに用意してもいいかもしれません。
・メモ帳
・筆記用具
 日本ではノートやバインダーなどはB4サイズが一般的ですが、海外だとA4サイズが一般的なため、B4サイズのルーズリーフなどの買い足しはほとんど出来ないでしょう。現地で新しいものを購入するのをおすすめします。
 ●食料品
  現在、日本食は世界中で大きなブームとなっています。おみやげであげても喜ばれるため、少し持って行ってはどうでしょうか。ホストファミリーや友達との会話のきっかけにもなるので、小分けされていて配りやすいものが良いでしょう。日本の文化を伝えるきっかけにもなります。最近はやっているものや人気のあるものなどは若い世代の人にも喜んでもらえるでしょう。
・お菓子類
 お菓子は、友達など気軽に大勢に配りやすいものです。チロルチョコやうまい棒、ハッピーターンなどがおすすめです。高価な物ではなくていいので、日本らしい駄菓子などおいしくて気軽にあげられるものがいいでしょう。
・調味料
 最近では日本食のスーパーもあり、普通のスーパーでも醤油やマヨネーズは買うことができます。また、ホストファミリーに日本食を作ってあげたり、日本食が恋しくなったりした時はだしの素があると便利です。簡単に現地の食材で日本食を作ることもできるので、粉末のだしの素を持っていくと良いでしょう。

 

●留学に持っていくと便利な物
ここでは、「便利だと思って持っていったけれど使わなかった」、「日本では当たり前に手に入るけど、海外では中々手に入らない」などの声を紹介します。自分の現地での生活をイメージして必要であるかを考えて持っていくか検討しましょう。
・ポケットティッシュ
日本ではティッシュをよく使いますよね。家には必ず置いてあり、出かける時は必ず鞄に入っているのではないでしょうか。日本では無料で配ってもいますが、海外では意外と手に入りません。スーパーで購入しなければならないので、日本から持っていくと便利でしょう。
・ホッカイロ
洋服に貼ったり、ポケットに入れたりするホッカイロ。とても便利ですが、海外ではあまり見ることはありません。必要であれば持っていきましょう。

 

●持っていく必要のないもの
 ・ドライヤー
  重くてかさばるものなので、持っていく必要はないでしょう。ホストファミリーに借りることもできますし、必要であれば、現地で安く購入することもできます。
 ・たくさんの衣類
  日本のユニクロもたくさん海外進出していますし、H&MやZARAなどのブランドはほとんどの都市で見つけることができます。日本では買えないようなブランドや、その国の流行のファッションに挑戦できる機会でもあります。日本の流行のファッションが海外では浮いてします場合もあるので、その国でその国のファッションを楽しむのもいいのではないでしょうか。洋服は着回しのきく最低限に留め、その他は現地で買い物を楽しむのもいい経験になるでしょう。その国での生活を楽しみ、貴重な留学生活になるといいですね。

国別の持ち込みできない物

 

 外国に入国する時は必ず税関を通らなければなりません。その税関では、自然や環境を守るため他国の植物や害虫の侵入を防いだり、テロや犯罪が起きないよう武器の持ち込みを制限したりするなど、その国を守るために、持ち込みが出来る物とそうでない物が細かく設定されています。ここでは一番身近な食品の持ち込みについて紹介します。しかし、持ち込みの制限は頻繁に変更されるため、少しでも疑問に感じた場合、出国の前であれば日本の各国大使館へ問い合わせましょう。また、出国して不安な場合は入国する際に必ず申請を行い、税関員の指示に従ってください。

 

●各国共通のもの

 

 どの国でも持ち込みが禁止されているものは危険物です。もちろん拳銃や爆弾などの危険物は持ち込み禁止ですが、護身用に持ち歩く人も多い催涙スプレーなども危険物扱いになります。荷造りの際、持ち込み禁止の物ではないかと慎重に考えて準備をしましょう。危険物の持ち込みは、罰金ではすまず、国際問題にも発展しかねないということを覚えておきましょう。そして、まず気を付けることは荷物を預ける時はスーツケースに鍵をかけないということです。荷物の検査が行われることになった場合、鍵がかかっていたら鍵を無理やり壊して検査され、もちろん保障もありません。現地について中身がばらばらになってしまうこともあります。なので、原則鍵はかけず、スーツケースにはバンドをかけて鍵が壊れても中身が飛び出さないように固定しましょう。

 

○アメリカ
 アメリカに入国する際は、少しでも食品がある場合必ず税関申告書の「食品持込み」にチェックをしてください。たとえそれがガムや飴のような小さなものでも、機内食のあまりでも、口頭で申告すれば基本的にパスできます。たまにスーツケースの中を開けて調べる場合もありますが、きちんと申告すれば問題ありません。心配な人は食品の持ち込みは極力避けましょう。また、アメリカでは肉類の持ち込みは禁止されています。生物だけでなく、レトルトや加工食品、調味料に含まれているものも禁止となっているので注意してください。原材料などを確認し準備することをおすすめします。とくに注意が必要なのは、調味料などを袋などに小分けして持ち込む時です。原材料などの表示がない場合は基本的に没収となり、また、砂糖や塩などの白い粉のようなものは、違法ドラッグではないかと検査に時間がかかる場合もあるため持ち込みは避けましょう。

 

○カナダ
 カナダもアメリカと同じで、食品の持込みは必ず申告しましょう。アメリカ同様で、肉の持込みは出来ませんので、原料表示を見て確認してください。

 

○イギリス
 イギリスもアメリカ同様、肉の持込みは禁止です。少しでも原料に含まれている場合でも没収になるので、原料表示を確認しましょう。また、イギリスでは乳製品の持込みが禁止となっています。

 

○オーストラリア
 オーストラリアは食品の持込み制限が厳しくチェックされます。またルールも細かいですが、きちんとルールを守れば大丈夫なので事前にしっかり確認しましょう。入国する際は必ず税関申告書にチェックを入れ、税関において口頭で質問された際きちんと応答し、問題はないと判断されれば、すぐに税関を通過できます。オーストラリアでは肉類は完全に禁止ではなく、常温で6か月以上保存の出来る未開封のレトルト食品や缶詰、瓶詰の商品は持込み可能です。魚類は常温で保存でき内臓の処理が行われている商品は持込みできます。しかし、サケ科の魚は事前に輸入許可を得た缶詰のみ持込み出来ます。また、明太子などの魚の卵製品もサケ科の卵以外で未開封の物であれば持込み可能となっています。その時はサケ科ではないということが明記されている物を選ぶとスムーズに税関を通過できるでしょう。

 

○ニュージーランド
 ニュージーランドは他の国と違い具体的な持込み不可の食品リストが記されておらず、税関職員の判断によって持込み可能であるかが決定します。入国の際申告し、許可が下りれば持ち込めるため、食品を持ち込む際は申告をして税関職員に審査してもらいましょう。必ず申告する必要があるものは、肉類、魚類、乳製品、野菜、果物と明記されています。特に、ニュージーランドは卵製品の持込み制限が厳しくなっています。カップヌードルやたまごふりかけなど微量の乾燥卵さえも持込みすることが出来ません。また、肉類は加工されている食品でも持込みは禁止されています。

 

○うっかり忘れてしまいそうな空港での注意点
・空港で注意されてしまう持ち物
 空港では少しの間違いが大きなトラブルを招いたり、手間が掛かったりする場合もあります。必要のないトラブルは避け快適な旅にするためにも注意して準備しましょう。

 

●航空会社の預け荷物の制限をチェック
 預けられる荷物の大きさや重量、個数には航空会社によって制限が異なるため、自分の利用する航空会社の制限を事前に確認しておきましょう。以前利用した航空会社と同じだと思い込んでしまうと高額な超過料金を取られる場合もあります。出発地と目的地では条件が変わることもあるので注意しましょう。ここでは、いくつかの航空会社の制限を例としてあげます。
○日本航空(JAL)
 エコノミークラスの場合、預けられる荷物は2個まで無料で、各荷物の重さは23キロまでです。持ち手を含む長さ、高さ、幅の合計は203センチまでです。
○ユナイテッド航空
 エコノミークラスの場合、預けられる荷物は1個まで無料。重さは23キロで、大きさは3辺の合計は158センチまでです。
○エアカナダ
 エコノミークラスの場合、預けられる荷物は2個まで無料。各荷物の重さは23キロで、大きさは3辺の合計が158センチまでです。
●重要な書類や貴重品は機内持ち込み手荷物へ
 あたりまえですが貴重品は機内持ち込み手荷物へ入れましょう。海外ではスーツケースがきちんと目的地に届かない場合も多々あります。必ず身に着けましょう。同じように、留学先で通う学校の入学証明書や銀行の残高証明、復路の航空券など重要な書類はスーツケースが届かなかったら大変です。また入国審査でも使う場合があるため、手荷物に入れておきましょう。

 

●悩んだ時のアドバイス
・無理して全て持っていかない
 知らない土地で、たくさんの荷物を抱えての移動や滞在は大変です。スーツケースの超過料金を取ら
れたり、税関で引っかかってしまったりするのは、時間もお金もかかってしまいます。それよりは船便で郵送してもらう方が簡単で安くすみます。長期で留学する際は、荷物はその時期使う物だけを最小限に抑えて持ってきましょう。季節の違う服や日用品などすぐに使わないものは、必要になってから送ってもらうか現地で購入するようにしましょう。そのほうが移動もスムーズで不必要な物を持っていかずに済むので滞在も楽になるでしょう。

 

・迷ったら持っていかない
 海外旅行が盛んになる中、インターネットも普及し、必要な物はどこにいても手に入る世の中になってきました。たとえ、田舎で近くに店がなかったとしても通販で購入することもできます。日本食も海外の人にとって身近になって、スーパーでも様々な国の物が手に入り、食料品だけでなく衣類や日用品も日本のものが多く海外に進出しています。ユニクロやダイソー、コンビニまで日本のお店を海外で目にすることも多いです。日本からすべて持っていこうとせず、必要最低限の物だけを持込み制限に注意して持っていくようにしましょう。海外に出て日本の便利さや豊かさに気づくこともまた一つの学びであり、不便さを経験することで見えてくることもあるでしょう。せっかく違う国で過ごせる貴重な体験ですので、その国の物を使い、その国の生活を満喫することが一番大切で、留学の醍醐味と言えるのではないでしょうか。

学生の海外旅行・海外留学でのおすすめクレジットカード

学生でも海外へ行く機会は多いのではないでしょうか。友達と旅行に行ったり、留学したりと理由は様々だと思いますが、海外へ行く際クレジットカードは必ず持っていくべき物です。ここでは、海外へ持っていくのにおすすめのカードやカードの選び方、さらに、カードについての基礎知識を紹介していきます。

 

海外に行くときクレジットカードは必需品

海外へ渡航する際、クレジットカードは絶対必要となっていきます。見知らぬ外国人旅行者を、何もなしに信用してくれる人なんてそうはいません。滞在するホテルにチェックインする時やレンタカーを借りる時など、様々な場面でカードの提示を求められます。クレジットカードを提示すれば、信用を得ることができます。よって宿泊を許可されたり、後払いなどのサービスをしてもらったりするのです。また、海外で多くの現金を持ち歩くことは大変危険なことです。現金や貴重品は身に着けて持ち歩くのが基本ですが、そんなにたくさんは持ち歩けません。手持ちの鞄やリュックに入れていると、簡単に引ったくりやスリの被害に合ってしまいます。なので、手持ちの現金は最小限に抑え、支払いはカードで行うようにすれば、安全に過ごすことが出来るでしょう。

 

国際ブランドは分散し、最低2枚は持っていきましょう。

海外へ行くときは、国際ブランドのクレジットカードを最低2枚は持っていくと大変便利です。さらに、VISAやMaster Card, JCBなどの国際ブランドのクレジットカードはブランドにより利用できない店舗もあります。そのため、カードを2枚以上持っていく際は国際ブランドを分散させ、異なったブランドのものを持っていくといいでしょう。理想はVASAとJCBまたはMaster Cardの2枚ですが、1枚みしか持っていかない場合は、VISAが加盟している店舗が多いのでおすすめです。カードを2枚持っていくのは何かあった時の予備のためです。カードの紛失、破損、盗難、限度額のオーバーなどの様々なトラブルが予想できます。しかし、万が一メインのカードにトラブルがあったとしても、予備のカードを持っていれば安心です。結局メインのカードしか使わなかったという場合が多いでしょうが、短期旅行でも油断はできないので、予備として持っていった方が良いでしょう。

 

クレジットカードの海外旅行保険:活用のポイント7つ

クレジットカードの海外旅行保険は、海外旅行者にとってもっとも役立つ特典です。海外旅行保険つきのカードをできれば2枚、最低でも1枚持っていると、旅費の節約にもなりますし安心して海外へ行くことが出来ます。ここでは、海外旅行保険の活用のポイントを7つ紹介します。

 

@基本は補償日数90日
例外はありますが、クレジットカードに付いている海外旅行保険は、1回の旅行につき補償日数90日が基本です。年会費無料のクレジットカードや、年会費が高額なクレジットカードでも補償日数が90日を超える物はありません。

 

A繰り返しの使用が可能
クレジットカードに付いている海外旅行保険の最大のメリットは繰り返し使用できることです。たとえ、90日間の海外旅行や海外留学に1年の間で何回行ったとしても、保険料は掛からず、保険もきちんと適応されます。

 

B補償額はカードの枚数によって合算される
海外旅行保険が付いているクレジットカードは、補償額が合算されます。そのため、複数のカードを持っていると、それぞれのカードの補償を合わせて受けることができるのです。複数のカードを持っていれば、合算された補償が受けられるので安心です。3,4枚とたくさん持つのは安全性から考えても現実的ではありません。理想は2枚、最低でも1枚海外旅行保険付のクレジットカードを持つといいでしょう。しかし、死亡や後遺障害の補償に関しては、クレジットカードの補償額は合算されません。

 

C不安な方にはバラ掛け保険の併用もおすすめ
保険に対する考え方は人それぞれです。最低限補償されれば良いという人もいれば、たとえ高額保険を掛けていても不安な人もいます。高額な保険を掛けても不安だという場合は、バラ掛け保険を併用すれば良いでしょう。バラ掛け保険とは、クレジットカードについている海外旅行保険で不足している項目において市販の有料保険に加入することです。その場合、海外旅行保険つきのクレジットカードを1枚でも持っていれば、保険料を少なくできるので節約にもなり大変おすすめです。

 

D死亡の原因が病気の場合補償は受けられません
クレジットカードの海外旅行保険に死亡保障が付いていても、病気が原因の場合は補償されません。クレジットカードに付いている海外旅行保険の死亡補償は、事故などで生じた『障害(怪我)』が原因で起きた場合に適用されるものです。なので、疾病死亡を補償したい場合は、上記で説明したバラ掛け保険に入ることをおすすめします。

 

E自動付帯・利用付帯
クレジットカードの海外旅行保険は大きく分けて、自動付帯と利用付帯の2つがあります。保険の適用条件が異なるので、カードを選ぶ際のポイントにしてください。自動付帯の場合、海外旅行保険付のクレジットカードを持っていれば、海外旅行の出発と同時に自動的に保険が掛かります。それに対して、利用付帯は、旅行のツアー代金、航空券代、または空港までの電車賃などの旅費の1部をカードで支払った場合に限り、海外旅行保険が適用となります。誰が考えても、自動付帯の方が便利だと思いますが、海外旅行保険付のクレジットカードを選ぶ際、確認しておくと良いでしょう。

 

F治療費用補償が重要なポイント
海外留学や海外旅行では、怪我をした際に高額の医療費を請求される場合もあり、治療費用補償の利用が多いです。なので、海外旅行保険付クレジットカードを選ぶ際は、死亡や後遺障害補償よりも資料費用補償を重要視した方が良いでしょう。試にバラ掛け保険などの有料保険で補償項目毎の保険料を見てみてください。資料費用補償の保険料は高く設定されているはずです。そのことからも保険事故が発生しやすく、よく利用されているということが分かると思います。